意味がわからんウォーターサーバー
ホーム > 注目 > 官報に掲載されてしまうケース

官報に掲載されてしまうケース

任意整理を依頼する費用の相場ってどの位なんだろうと思ってネットを使用して調べてみた経験があります。

 

私にはかなりの借入があって任意整理をしたかったからです。

 

任意整理に要する費用には幅があって、相談する場所によってまちまちであるという事が判明しました。

 

任意整理をしたとしても、あまりデメリットはないと勘違いされがちですが、実際にはあるということを知っておられますでしょうか。

 

それは官報に載るということです。

 

つまりは、みんなに知られてしまう可能性もあるということです。

 

これが、任意整理というものの、最大のデメリットだといったことになるのかもしれません。

 

個人再生をしても、認可されないケースが実在します。

 

個人再生をするためには、返済計画案を出す必要がありますが、裁判所でこれが認められないと不認可としての扱いとなります。

 

当たり前ですが、認可がおりなければ、個人再生を行うのは無理です。

 

債務整理をした知り合いからその一部始終を教えてもらいました。

 

毎月ずいぶん楽になったということで非常に良かったです。

 

自分にも数々のローンがありましたが、もう全部返し終わったので、自分とは無縁です。

 

債務整理には短所も存在しますから、全部返しておいて良かったです。

 

債務整理というものをやったことは、勤め先に内緒にしておきたいものです。

 

勤め先に連絡されることはございませんので、隠し続けることはできます。

 

ただし、官報に掲載されてしまうケースも考えられるので、見ている方がいたら、気付かれる可能性もあります。

交通事故 弁護士