意味がわからんウォーターサーバー
ホーム > 注目 > 開かれた市場という首相発言

開かれた市場という首相発言

首相がAPECにて開かれた市場の

重要性を述べたということで

話題になっています。

 

ただ今の日本にとって

本当に自由貿易が望ましいのか、

疑問となる点も出てきていますよね。

 

コメントを見てみますと

 

開かれた市場!?

大格差、低福祉、凶悪犯罪社会、

農業の衰退。

グローバルが、今日の諸悪の根源ですよ。

保護主義はマイナス面ばかりではないです。

 

どういう神経をしてたら、『TPP反対』から『TPP推進』に変われるんだ。

その間に何があったのか、合理的な説明をしてくれよ。

出来ないんなら、精神異常と思われてもしょうがないよね。

 

内向きや閉鎖的なのはダメだ、自由貿易は戦争のリスクを下げる。

そう念仏のように言う人達がいるけど、行き過ぎた自由貿易で

貧富の格差が拡がり、国の大多数派である貧しい人達に不満が蔓延。

結果として内向き(自国優先主義)を掲げる政治家が台頭すると考えるなら

やはり行き過ぎた自由貿易こそが戦争のリスクを拡大させてるのでは?

 

たぶん、アメリカがほんとに抜けるなら安倍は新たな枠組みをとか言い出すんだろうけど、結局今回のTPPの焼き直しになるだけにとどまらずアメリカが抜けた分日本が最大の消費国になるわけで、となると日本は輸出入のバランスが崩れ逆に経済がガタガタになるような気がしてならないのだが・・・。

 

開かれた市場は商品だけじゃなく労働力市場もか、もう何の為に国と言う枠組みが有るのか分らん様に成るな開き過ぎと違うか。

 

このようにさまざまな意見が出ていますね。

ビルドマッスルHMB